印刷時にのみ透かしが表示されるPDFの作成

この記事は InDesignSecrets – Add a “Print Only” Watermark to PDFs をCS6日本語版に対応させたものです。

全くコンピュータを知らないクライアントと来たら「表示できるけどコピーさせない(いや表示しただけでメモリとキャッシュに保存されますから)だの「プリントできるけど保存させない(いやプリンタ出力時はたいがいspoolerフォルダにいったん保存しますから、だの「プリントできるけどそれをコピーできなくしたい(いや複数枚プリントすれば意味ないでしょ)だの訳わからん。

そんなわけで「画面表示のときは表示されなくて、印刷時のみ透かしを表示するPDF」という、はっきり言って、それなら印刷を許可させなければいいのに、という作業にチャレンジしました。

スクリプトではwatermarkPreferenceというオブジェクトがあって、watermarkDoPrint と watermarkVisibility で設定すると思われるのですが、VBSではどうもうまくいってない感じなのでネットで調べたら InDesignSecrets が引っかかったという訳。コメントが26個ついてるって事はそれなりの需要があるってことなのかねえ。

で、結局は作らずに済んだのだけれど、元記事が英語でバージョンがCS3なので、試行錯誤しなくちゃCS6で再現できない。ということで記事になるほどのボリュームになりました。


まずマスターページに適当に図形なり文字なり作ってください。

作ったオブジェクトはPDFで表示したときに最前面に来ます。そのため、隠れる部分が全く見えなくなるのを避けるため、オブジェクトに透明効果を与えておきます。

ここでは乗算を設定しました。

次にこのオブジェクトをボタンに変換します。
オブジェクト上を右クリック(Windowsなので)して[インタラクティブ]-[ボタンに変換]をクリックします。

ボタンに変換されたら勝手に[ボタンとフォーム]パネルが表示されるんですが、表示されない人はメニューの[ウィンドウ]から表示してください。

パネル上で次の設定を行います。

  • ロールオーバー]の外観をチェック(目を表示)
  • クリック]の外観をチェック(目を表示)
  • トリガーされるまで非表示]をチェック
  • プリント可能]をチェック

ドキュメント上の設定は以上です。

次に、PDFへの書き出しを行います。が、注意してほしいのは(CS3と異なるところ、ここで「インタラクティブPDF」に書き出すということです。プリントPDFでは実現できません。

また、インタラクティブPDFではボタンは常に最前面に置かれます(当然ですが。そのため、その下に隠れる文字や画像を見せるためには、予め透明を設定しておかないといけないということです。

メニューの[ファイル]-[書き出し]をクリックして、書き出しダイアログが表示されたら[ファイルの種類]を「Adobe PDF (インタラクティブ)」にしてください。ファイル名は任意です。そして[保存]ボタンをクリックすると、インタラクティブPDFの書き出しオプションダイアログが表示されます。

この画面で必要な設定は「フォームとメディア」を「すべて含める」に設定すること。あとは任意です[OK]ボタンをクリックすると、環境によっては次のダイアログが出ますが、気にせず[OK]ボタンをクリックしてください。

以上で完了です。

では確認してみましょう。PDFファイルを開きます。

ボタンは表示されません。では印刷プレビューを見てみましょう。

ということで、印刷したら出てくる透かしの出来上がりです。


記事を書き始めて今日まで1か月間ほど手を付けられなかったので、記憶違いの部分があるかもしれません。ご了承ください。

『印刷時にのみ透かしが表示されるPDFの作成』へのコメント

  1. 名前:詠み人シーラカンス 投稿日:2016/07/09(土) 00:52:52 ID:5d3013823 返信

    高解像度プリントの時だけ表示されるようにはできないのでしょうか?

  2. 名前:お~まち 投稿日:2016/07/09(土) 17:06:30 ID:cd16fa2f8 返信

    残念ながらCS6ではそのような設定項目は見当たりません。