IGAS2018行ってきました/更新情報など

この間からページ構成を少し変更しています「営業品目」をやめて「事業内容」にしました。一緒じゃんという突っ込みはなしにして(^^;。

なので、「InDesign JavaScript教室」開催希望フォームのアドレスも変更になりました。新しいアドレスはhttps://cs5.xyz/biz/idjs_beginnerです。全然誰も送ってくれませんが、活きてます。是非お願いします。

問い合わせページでは「問合せ区分」に新たに「InDesign JavaScript指南書』に関して」を追加しました。

あと、自動組版製品・サービス一覧ではおととい行ったIGAS 2018での情報を入れました。新製品として、リコーのFusionPro VDP CREATORを追加しました。

ホームページも完成まではずいぶん遠いんですが、少しずつ進めていますので。


さて、IGAS 2018ですが「6日間で55,863人が来場」だそうで、人とぶつかることなく進めたのはストレスフリーでよかったです(ちなみにpage2018は「3日間で66,210名

大きなブースは、私みたいな個人では買えるものがないので、専ら小さいブースと、知り合いがいるかもしれないブースに寄ってきました。いくつか紹介したいと思います。

まず、ハートさんです。EZ-PRINTという、主に名刺の発注管理を行うソフトを展示していて、これは自動組版と多少被るところもあるのですが、管理が主体なので「自動組版製品・サービス一覧」ページには載せませんでした。また「ワックスプラス」という紙を半透明にする特殊加工の製品サンプルをもらいました。これは9月30日まで「特別試作キャンペーン」をやっているので頼んでみたいのですが、うーん、アイデアが思いつかない。

サンプルと言えばキヤノンさんからもサンプルを貰いました。DreamLabo 5000「業務用フォトプリンター」だそうですが、説明した方によると「RGBのオンデマンド印刷機」だそうです。見た目も確かにオンデマンド機で、後ろに製本用のキットもつけられるみたい。7色印刷でほぼAdobe RGBの色が印刷できるんだそうです。ただ、一か所でもCMYKになっているとエラーになるという。慣れるまではデータの作り方が難しそうな(これは知ってる人のところに入っていたことが判明。そのうち見学しに行こうかな)

自動組版関連の新しい情報ではリコーのFusionPro VDP CREATORプレスリリース。性能とか価格は全く分からないんですが。あとFormMagic4を久々に見ました。pageではスペースがないのか、ちゃんと見る機会がなかったので。

それ以外にも面白いところはいくつかあったのですが割愛します。全く期待せずに行ったので収穫は多かったです。