InDesign CS3は前バージョンのスクリプトも動かせるように設計されている(動かないけど)

CS3のスクリプティングガイドを見ていたら

InDesign CS3 日本語版では、以前のバージョンの InDesign スクリプトオブジェクトモデルに基づいて作成されたスクリプトを実行できます。 新しいバージョンの InDesign で古いスクリプトを実行する場合は、次の点に注意する必要があります。

とある(AS、JS、VBとも5ページの下のほう)
なんでも「……/Scripts/Scripts Panel/」に「Version 4.0 Scripts」もしくは「Version 3.0 Scripts」というフォルダを作成してその中に旧バージョンのスクリプトを入れるんだとか。早速やってみた。

とはいえ、まともに動くスクリプトでやっても違いが出ないので、今回はミシマバイカモさん作の「検索置換設定の保存.jsx」を使わせていただいた。文字の検索設定はCS2まではfindPreference、CS3ではfindTextPreferenceとなったため互換性がなく、動かないのである(当然のことだけれども、これはバイカモさんのせいではなく、仕様変更したAdobeが悪い)

まずはScripts Panel直下においた場合。

当然エラーになる。
次にScripts Panelフォルダ内にVersion 4.0 Scriptsフォルダを作成して、その中において実行すると、エラーが出なくなった。でもダイアログの表示がおかしい。何回か試していると

のエラーが。
このダイアログの最下行には「インタープリタ:CS2_J(4.0)」とあるところを見ると、このフォルダに入れると通常とは異なるインタープリタがスクリプトを解釈するらしい。
それならば、Version 3.0 Scriptsフォルダではどうなるのか、わざとスペルを間違えてやってみた。

なるほど、今度は「インタープリタ:CS_J(3.0)」が解釈したわけね。一応互換性が取れるように設計されているということになるわけね。でもやっぱりダイアログが正しく生成されないんだけどなあ。

ついでに。Version 3.0 Scriptsに.jsxファイルを入れても動作する。CSは.jsxファイルを認識しないのになあ。