InDesign CS4 体験版をインストール。まだ起動してない

昨日テスト用ハードディスクにインストールしました。買う予定は今のところ無いのだけれど。
早速怒られる

テスト用ハードディスクで起動するのは半年振りなので、Windowsのアップデートが済んでないのでした。
アップデートのために約2時間……
使用許諾を読む。CS3とそんなに変わってない。
「InDesign CS4 お読みください.pdf」を読もうとするがテスト用環境なのでPDFが読めない。なんてこった。
ということで、通常環境に戻って読むと。

  既知の問題
Vista64 にインストールする場合、初期設定のインストール先が間違って表示されますが、アプリケーションは正しい場所(c:\program files(x86))にインストールされます。

Vistaの64bitでテストしたらしい。

中国語版、韓国語版および日本語版の InDesign CS4 をインストールする際に、インストール先フォルダ名にサロゲートペア文字が含まれているとエラーが発生し、インストールに失敗します。

お、ここもちゃんとテストしてある。素晴らしい。

ソフトウェアのアンインストール
重要:Macintosh には新しいアンインストール機能が搭載されています。アンインストールする際に、アプリケーションをゴミ箱にドラッグしないでください。Mac OS X で安全にアンインストールを行うには、アプリケーション/ユーティリティ/Adobe Installers で製品インストーラをダブルクリックするか、アプリケーションフォルダにあるアンインストール用のエイリアスをダブルクリックします。管理者として認証を実行してから「Adobe InDesign CS4 コンポーネントの削除」を選択し、画面の指示に従います。

重要なら少なくともフォントを太くするとか、強調してほしいなあ。

フォントのインストール
初期設定のシステムフォントディレクトリに古いバージョンのフォントが見つかると、古いバージョンは元の場所から削除されて新しいディレクトリに保存されます。
初期設定のシステムフォントディレクトリは次の場所になります。
Macintosh:<システムディスク>/ライブラリ/Fonts
Windows:<システムディスク>:¥Windows¥Fonts
古いフォントは新しいディレクトリに保存されます。
Macintosh:<システムディスク>/ライブラリ/Application Support/Adobe/SavedFonts/current
Windows:<システムディスク>:\Program Files\Common Files\Adobe\SavedFonts\current
(中略)
古いフォントを再インストールする場合は、初期設定のシステムフォントディレクトリから新しいフォントファイルを削除し、古いファイルをそのディレクトリに戻します。

これが一番重要じゃない? 別環境でテストできる人はいいけど、CS3を動かしている環境でCS4の体験版を入れたらフォントが変わるって話でしょ。ざっと調べたら次のものが該当(完全リストではないです。また、フォントのバージョンを調べただけで中は確認してません
Bell Gothic Std
Blackoak Std
Eccentric Std
Hobo Std
Nueva Std

次の Pr6N フォントは(中略)体験版を使用されている場合、購入するまではこれらのフォントをご利用になれません。
Adobe Kozuka Gothic Pr6N Bold
Adobe Kozuka Gothic Pr6N Extra Light
Adobe Kozuka Gothic Pr6N Heavy
Adobe Kozuka Gothic Pr6N Light
Adobe Kozuka Gothic Pr6N Medium
Adobe Kozuka Gothic Pr6N Regular
Adobe Kozuka Mincho Pr6N Bold
Adobe Kozuka Mincho Pr6N Extra Light
Adobe Kozuka Mincho Pr6N Heavy
Adobe Kozuka Mincho Pr6N Light
Adobe Kozuka Mincho Pr6N Medium
Adobe Kozuka Mincho Pr6N Regular

これじゃあ、人によってはテストにならんって怒るだろうな。買わないでフォントだけ使おうって人を阻止する狙いなのかね。