網掛のページだけノンブルを白抜きにしたい

またもInDesignのTIPSです。今回のお題はノンブルの色を変えるというもの。条件は

  • ノンブルに背景がない場合はスミ
  • ノンブルの背景に網掛(地紋)があれば白抜き

にしたいというもの。パンフレットとかでありがちですね。で、それだけのために新たにマスターページを用意するのも邪魔なので、1つのマスターページでやっちまおうじゃないか、ということです。使用できる場面が限られますが、これがInDesignの凄いところなので、是非試してみてください。これを知ると、あれにもこれにも、と応用したくなること請け合いです。


新しくドキュメントを作成したら、まず、ノンブルに使用するスウォッチを作成します。ポイントはオーバープリントしないK100%にすること。[黒]スウォッチだとデフォルトでオーバープリントがかかってしまうので、新しくスウォッチを作成してください。

次にノンブル用のレイヤーを作成します。そしてマスターページに移動して、そのレイヤーにテキストフレームを作成してノンブル(現在のページ番号)を入れる、と。

ノンブルの塗りは先程作ったスウォッチにしてください。忘れがちなので注意。

次がキモです。そのテキストフレームもしくは文字に対して「スクリーン」または「比較(明)」の効果を設定します。

これで完了です。あっけないですね。では結果を見てみましょう。

まず背景に何もないページです。ノンブルはK100%です。

ここで注目。確認方法なんですが、まず分版パネルを表示してください。そこで表示を「色分解」にすると[オーバープリントプレビュー]に表示が変わって、マウスカーソルの下の網%が分版パネルに表示されます。この網%を表示する機能はIllustratorにはないんだなあ。残念。でもIllustratorで作ったデータでも、InDesignに配置すれば網%が表示されます。InDesignすごい!

で、上の図のようにK100%であることが確認できます。

では背景に網を引いてみましょう。グラデーションでもIllustratorファイルでも構いません。た・だ・し、背景にはK成分を含んではいけません!

この条件ちょっと厳しいか? でも含んじゃうと完全な白抜きにはならないんですよ。そこをなんとかお願いします。

このように網の部分はC100M90Y10で、ノンブルの部分は白になっています。

ちなみに、背景に写真を置いてみると、こうなります。

写真にスミ成分があるので、完全な白抜きにはならず、スミ成分が残ってしまいます(↓拡大図)

ということで、使う場面が限られていますが、うまくはまれば非常に便利な機能です。

なお、よほど古いRIPでない限り問題が発生することはないはずですが、心配な場合は事前に実際のRIPでの出力テストを行っておいてください。

『網掛のページだけノンブルを白抜きにしたい』へのコメント

  1. 名前:yoshino akira 投稿日:2018/08/28(火) 22:13:22 ID:bb737b481 返信

    この発想は無かったです。
    オブジェクトスタイルに登録して、段落スタイルと連携すると応用範囲が広がりそうですね。
    とても参考になりました。

    • 名前:お~まち 投稿日:2018/08/28(火) 22:25:50 ID:2c862994f 返信

      コメントありがとうございます。発想次第で可能性が広がるのがInDesignです。