InDesignクラッシュの犯人が判明! 今度こそ不具合フォームへ

昨日の問題がついに判明しました。といっても原因は分かりません。あくまでも必ず再現する手順が判明したということです。今度こそこれを持って不具合フォームへ書き込みだ!

発生環境
Windows Vista もしくは Windows 7 (もしかするとWindows XP も?)
OpenOfficeがインストールされています。
(私の環境では最新の3.2.1、Java 6 Update 20)

発生手順
OpenOffice calc で新しいドキュメントを作成します。

適当なセルに適当な文字を入力して、そのセルをコピーします(つまりクリップボードに格納する

OpenOffice を終了します。コピーに使ったドキュメントは破棄してかまいません。

InDesign CS5 を起動し、新規ドキュメントを作成します。

ページ上で右クリックします。
するとInDesign CS5 はクラッシュしちゃいます。

ということで、Microsoft と Adobe と ORACLE の誰が悪いか分かりませんが、CS5 からJavaの機能を使ってるので、それが裏目に出たのかも。


7月8日 追記

右クリックでなくても、メニューの[編集]をクリックしただけでもクラッシュします。どうもメニューを表示させるのに、ペースト用のメニュー(ペースト、フォーマットなしでペースト、グリッドフォーマットを適用せずにペースト)の有効・無効を判断する必要があって、クリップボードの中を解析しているんだと思います。その過程で予想外のエラーが発生しているんでしょう。

ちなみにIllustratorでは発生しません。クリップボードの解析方法が違うんだと思います。

原因としては、OpenOffice Calcがクリップボードの仕様を外れたデータを放り込んだのか、InDesignがクリップボードの中身をExcelデータだと勘違いして間違った解析をするのか、そもそもInDesignのクリップボードデータの解析手順そのものがおかしいのか、Microsoftによるクリップボードのデータ仕様がおかしいのか、が考えられます。

私の勘では「Excelデータだと勘違いして間違った解析をした」に1票! ですが、そうであればKingsoft Officeでも発生する可能性があります。こっちの検証はAdobeの人にお任せしましょう。きっと読んでるでしょうから(不具合フォームにこのページを見てねって書いといたから^^

『InDesignクラッシュの犯人が判明! 今度こそ不具合フォームへ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2010/08/19(木) 09:56:22 ID:86f93da59 返信

    この問題でググってきました。
    CS3でも落ちますよ。
    わかってても、つい右クリックしてしまうので困ったもんです。

  2. 名前:お~まち 投稿日:2010/08/19(木) 10:28:44 ID:b9e783bc1 返信

    おー、そうですか。以前からあったんですね。情報ありがとうございます。