全然急いでないけど探しています

世の中には傍からみるとどうでもいいことに変なこだわりを持つ人がいて「さ」はつながってないとダメだとか「g」はグラム(8」の形に近いほう)の形でないといけないとか、言ってくる。そういう人は文字符号とグリフデザインの違いを言って聞かせても理解しようとしないことが多いので、たいがい従わざるを得ないことになる。

ところで、アドビストアで欧文フォントを探しているとAlternatesのアイコンを見かけることがある。これはリンクになっていて、クリックすると説明ページが表示される。このアイコンは「その他の字形(Alternates)を含んでいます」という意味のようであるが、
2017年2月27日 修正
【修正開始】
該当するページは既に削除されており、リンクしたアイコンも所在不明になってしまいました。2017年2月27日現在、以下のページが有効なので、リンクを張っておきます。画像もコピーしてこのサイトに置きました。

当時のアイコンはどうなっていたかというと「g」の2つのバリエーションが「/」を挟んでいて、切り替えできるよということを意味していました。

そのアイコンが、バリエーション字形を含んでいるフォントであるということはわかるが【修正終了】実際にどんな字形が含まれているかについては、分からない。購入しないとダメなのかな?

購入する機会がないので、CreativeSuite付属のフォントで確認したが、 Alternatesのある文字は殆どが「&」で、アイコンで例示してある「g」は一つも見つからないのだ。

こうなると当然疑問が。果たして例示してある「g」を含むフォントは本当にあるのだろうか。調べるには該当するフォントをすべて購入しなければならないのだろうか。今のところ仕事で必要という状況でもないので興味本位でしかないのだが、できれば知りたい。

『全然急いでないけど探しています』へのコメント

  1. 名前:マサ某 投稿日:2013/05/19(日) 22:13:00 ID:a6ae79d8a 返信

    はじめまして。
    CS3付属のArno Proという書体では、「8型」の「g」が基本になっています。
    RegularやBoldなどの正体のものでは、字形パネルでも「8型」の「g」しか選べませんが、
    Italic、Bold Italicなど斜体になると、字形パネルから「9型」が選べるようです。
    「y」などでも、下の部分の処理がいろいろあるようで、これらを選んでいくと、
    斜体というよりは筆記体との中間のような組み方ができるよう、デザインされているようです。
    あと、アドビストアとはなんの関係もなくなってしまいますが、
    モリサワの新ゴなどでも、「8型」の「g」が基本ですが「9型」が選べます。
    これは、Pr5以降で対応しているようです(Proではダメ)。
    2ヵ月近く前のエントリにコメントするのもお恥ずかしいですし、
    解決済みかもしれませんが、全然急いでないとのことでしたので、ご参考まで。

  2. 名前:お~まち 投稿日:2013/05/20(月) 09:07:34 ID:e36c528d4 返信

    コメントありがとうございます。
    > Italic、Bold Italicなど斜体になると、字形パネルから「9型」が選べるようです。
    おおー、そこまでチェックしてませんでした。
    ありがとうございます。
    > 2ヵ月近く前のエントリにコメントするのもお恥ずかしいですし
    そんなことないですよ。数年前のエントリにコメントが来ることもありますので。

  3. 名前:ななし 投稿日:2013/05/30(木) 08:59:07 ID:621bdada8 返信

    >モリサワの新ゴなどでも、「8型」の「g」が基本ですが「9型」が選べます。
    これは、Pr5以降で対応しているようです(Proではダメ)。
    これは発音記号のgです。デザインのバリエーションとしての切り替え字形ではなく、別の物です。
    文字コードも違いますので、安易に使うと後でテキスト検索できなくなったりします。
    なお、欧文のセリフ体で「9」型のgを持っている書体はほとんどないと思います。
    8型と9型の切り替えができるのはサンセリフ体が多いように思います。身近な例でいうとWindowsに付属のCalibriなどは出来ます。

  4. 名前:ななし 投稿日:2013/05/30(木) 12:34:12 ID:621bdada8 返信

    AdobeのSource Sansが丁度、2つのgを持っています。
    なお、このフォントは無料です。
    Adobeの販売サイトには Glyph Complement という「総数見本」があるので、収容グリフはすべてPDFで確認できます。

  5. 名前:マサ某 投稿日:2013/05/30(木) 23:44:16 ID:51c4851a6 返信

    > これは発音記号のgです。デザインのバリエーションとしての切り替え字形ではなく、別の物です。
    うわっ、ホントだ!
    検索も全然できませんね。あららー。
    エディタにコピペしたりした際、
    ヒラギノ角ゴシック等の「9型」の g が基本のフォントを使ってると、
    ぱっと見では区別がつきませんし、安易に使うと危険かもしれませんね。
    ありがとうございます。