MacとWindows

今JavaScript教室のテキストを作成しているのですが、間違ったことを教えてはいけないので、一つひとつ確認しながらの作業です。縁あってMacBook Airを頂いたので、WindowsとMacでの挙動が違ってないかも確認しています。これめちゃくちゃ時間がかかるわー。

ということで気づいた違いを2つ。10年以上InDesignを使ってるのに今まで全然気づかなかったよ。


まずInDesignのドキュメント設定。

OK]ボタンと[キャンセル]ボタンの位置が逆。実は前の会社の仕事でDVD-ROMを作成したのだけれど[OK]ボタンと[キャンセル]ボタンの位置が、お客さんと見解が違ってしまって、結局お客さんの意見に従ったというのを思い出しました。お客さんの見解はWindowsと同じで私が作ったサンプルはMacと同じ。デフォルトのボタンは右にある方が自然だと思うんだけどな。

で、終了しようと思ったら、

ボタンの位置もそうだけどボタンのテキストがあぁ。せめてテキストは統一してくれないと教える方はちょっと困るぅ。いちいち

保存するには[はい]ボタン(Macは[保存]ボタン)をクリックしてください

と書いていられない!


今度はExtendScriptの話。confirmという組み込み関数があるんですが。書式は
confirm(message, [noAsDefault], [title])
で、noAsDefaltはデフォルトのボタンをnoにするというオプションです。省略したときはfalseで、デフォルトのボタンは変更しません。

実はこの関数(alertとpromptも、Webでも使えるのでJavaScript共通のものだと思ってたんですが違うんですね、それぞれで実装しているという。なので引数が違うんです。知らんかった。

閑話休題、Windowsの場合は指定の違いでこうなります。

特に違和感はありません。

で、Macではこうなります。

いや、わかるんだけど。わかるんだけど。わかるんだけどぉー。