先読み後読み

お久しぶりです。もうすっかり旬じゃない人になってます。

そういえば、ページ構成を少し変更してます。

今まで[Excelを利用したVBScriptの作り方]の中にあった、レジストリの参照先が間違っている件についてですが、CS6でも直っていないので、これを独立させました。→こちら

ところで私は正規表現を使いこなせていない。いつもせうぞー先生の資料に頼りっぱなしである。それには訳があって、先読み」後読み」がいつもどっちがどっちか分からなくなるのだ。

行頭に近いほうが「先」つまり先に出てくる)なのか、行末に近いほうが「先」つまり進んでいく先)なのか、毎回混乱してしまい、先に進めないのだ。

日本語というのはなんでこんなにややこしいのだろう。先に片付ける」ほうが「後回しにする」よりも相対的に早い時間というのは分かるが、先のことはわからない」というと、これは未来の話である。これを「後のことはわからない」と言い換えてもほぼ同じ内容であるから腹が立つ。先日」といえば過去のことで「後日」といえば未来のことだが、もう後戻りできねえんだよ」と言えば「後」は過去のことを指す。後にも先にも彼一人」というと過去、現在、未来を全て含めるが、さてどっちがどっち?

整理すると、先」後」の使い方としては2通りあって、1)あるものを数える場合に、相対的に早く出現するものを「先」遅く出現するものを「後」とする。2)進行方向(前面)にあるものを「先」時間の場合は未来に向かって進んでいると考えるので、未来は先のほう)進行方向と逆(背面)を「後」とする。

という理屈はわかるが、実際に使われると、さてどっちがどっち? になって、結局分からなくなってしまう。こうなったら後先(あとさき)考えずにやってしまえ、とも思うが、この場合の後先はどっちが過去でどっちが未来、はたまたどちらも未来? ということでついに思考不能に陥るのである。

ついでに、先週」先月」先の戦争」というと過去の中でも直近の過去を指す。この辺も不思議だ。

『先読み後読み』へのコメント

  1. 名前:せうぞー 投稿日:2013/03/30(土) 10:51:00 ID:4d558989c 返信

    ぼくの理解の仕方をご紹介。
    たぶん、時間みたいなこをと想像するお〜まちさんの理解の仕方と似てるかもしれません。
    1)まず後ろ読みだとか、先よみだとかというのは一旦外してみる。
    2)それらの付属物がなければ、なんとこれは単なるマッチ。
    3)正規表現の検査はは通常どおり進む。まるで文字の道路を歩いているように進む。
    4)自分のいる位置(マッチ)が現在で、まだ見ていない先へ進む方は未来側、もう検査してきた文字列は過去側。
    5)文字列がマッチした!
    6)ここで始めて1)でよけておいたものを取り出してくる。つまり、if (5でマッチした) then {1を評価}
    7)今マッチしている場所が現在なら、そこから『先』(未来側)をマッチしているかどうか検査するのが『先読み』。
    8)今マッチしている場所から『後ろ』(過去側)を振り返って、マッチしているかどうか検査するのが『後読み』または『戻り読み』。
    まあ頭の中のイメージなので、文字にすると余計に??ですね^^

  2. 名前:お~まち 投稿日:2013/03/30(土) 15:52:32 ID:e0ff3695f 返信

    こんなぐたぐたな内容にまっとうなコメントありがとうございます。