InDesign CC2017のプラグインを外す(1)

CC2017を使ってみて残念なのがAdobe Extension Managerが使えなくなってしまっていること。えー、いつからなんだ。2015年6月23日、つまりCC2015リリースの段階で終了してました(Announcement: Extension Manager End of Life Notification、日本語版はExtension Manager サポート終了のお知らせ)代わりにAdobe Add-onsWebサイトを使って新しいアドオンをインストールしろよって言ってます。

違うっ! 私の求めているのはこれじゃない! 今インストールされているプラグインを無効にしたいんだっ!

何故かって? だって使わないプラグインがあるなら無効にしたほうが起動も速くなるしメモリの使用量も減るじゃないか。わからないなら教えてあげよう。

起動速度は次のVBScriptで測定する。Windows限定で申し訳ない。

start_time = Timer
Set app = CreateObject("InDesign.Application.CC.2017_J")
end_time = Timer
Msgbox("起動に " & CStr(end_time - start_time) & " 秒かかりました")

これだけの簡単なスクリプトだ。で、これをプラグインをすべて入れた状態と、使わないものを外した状態で実行する。なお、キャッシュが働かないように、ともに再起動後に実行する。同時にメモリ使用量もタスクマネージャーで見てみよう。


プラグインをすべて入れた状態(デフォルト)

ということで起動に12.99秒、メモリは191.3MB使用ということになる


お~まちが使わないプラグインを外した状態

ということで起動に10.70秒、メモリは175.8MB使用ということになる


微々たる差と思うかもしれないが、使用しているパソコンのCPUはIntel Core i7-6500U 2.5GHzでかなり速い。独立して仕事をしようと、昨年12月に奮発して購入したものだから。遅いCPUだとその差はもっと顕著に出る。

じゃあ、何を外すのか、どうやって外すのかは、次回!