[小ネタ] InDesignで図形として日本式角トンボを描く

普通の人はInDesignでトンボを描くってことはないはずなんですが、もしそんな状況になったらどうしてます? サンプルスクリプトの「CropMarks.jsx」を改造してます?

InDesignにはトリムマークという機能がないので、線を一本ずつ描いている人もいるのでは? イラレで作って配置ってのは、なしで。実はもっと楽に作れるんですよ、というお話。


まず、裁ち落としサイズ+18mmの長方形を描きます。そして、中心が一致するように移動します。

線幅、線の色を設定してください。普通は線幅0.1mm、線の色は[レジストレーション]ですね。

設定が終わったら、メニューの[オブジェクト]→[角オプション]をクリックします。次のダイアログが出ます。ここで、4つの角とも「角のサイズ」を「9mm「シェイプ」を「飾り」にします。

はい、おしまい。

え? 余計な線を除去したい?

はい、はい。ではメニューから[オブジェクト]→[パス]→[パスを閉じる]または[パスを開く]をクリックします。

あとはダイレクト選択ツールで不要な線を削除すれば完成。

実はサンプルスクリプト「CornerEffects.jsx」の方が僅かに手間だけ少ないのだけど、こっちの方が分かりやすいので紹介しました。

以上、小ネタでした。