InDesignオブジェクトモデル図を更新しました。など

InDesign 16.0(2021)に対応しました。

http://indesign.cs5.xyz/dom/about.html

こちらからアクセスしてください。


15.1から16.0への変更点は、追加3つだけです。

カラー検索
  • ApplicationにFindColorPreferenceオブジェクトが追加
  • ApplicationにChangeColorPreferenceオブジェクトが追加
  • ApplicationにFindChangeColorOptionオブジェクトが追加
  • SearchModes EnumにCOLOR_SEARCHが追加
  • ApplicationとDocumentにfindColor()メソッド、changeColor()メソッドが追加
HSBカラースペース
  • ColorSpace EnumにHSBが追加
テキストの回り込みの被写体の選択
  • ContourOptionsTypes EnumにSELECT_SUBJECTが追加

以上です。削除・変更されたものはありません。

ということで、メジャーバージョンにしては少ないですね。これなら15.2とか15.5でもよかったんじゃないかって気がしますね。Premiere Proが14.5なだけに。

ドキュメント構造もおそらくHSBとSELECT_SUBJECTがあるかないかの違いでしかありません。そろそろデータ形式も成熟してきて、以降のバージョンに大きな追加がなければ16.0形式のデータとしてコンバート不要になるかもしれません。


open_the_inddの更新は大体できてて、あとは確認だけです。もうちょっとお待ちください。

あと、Adobeのリンクも貼っておこう。今回は製品のダウンロードが可能になる12時間前に更新されました。いつもこうだと私のやることがなくなって楽です。

InDesign 16.0の新機能

InDesign 16.0で修正された問題

ここで見落とされがちな変更点があるので注意してください。

InDesign 16.0から、環境設定から「Publish Online」のタブとその中身がなくなってしまいました。つまりPublish Onlineを無効にすることはできません。まあ、昨今のInDesignの方向性として当然といえば当然なのですが。ちなみにスクリプトからでも無理です。もともと用意されていませんので。

それ以外の問題はこれからでてくるんでしょう。仕事で使うのはもう少し待ちましょうね。