IllustratorとInDesignのフォントキャッシュが共通化されたよ。更に……

昨年も文句を言ったんですが、その後、ということで。昨年ここで書いた要望事項は

  1. InDesignの方にバグがあると思われるので、キャッシュの更新をIllustratorと同じタイミング・同じ頻度・同じ量になるようにしてほしい
  2. キャッシュをIllustratorと共通して使うようにしてほしい
  3. そもそも、この機能自体を有効/無効にできるようにしてほしい

なのですが(1.2.を優先して要望を出したので、もしかして3.は要望を出していなかったかもしれない、このうち1.については14.0.2で修正されました。

InDesignで修正済みの問題の14.0.2の最後

  • ネットワーク使用の最適化により、InDesign のフォントメニューのパフォーマンスが向上。

残りのものは14.0では修正されていませんでしたが、2.については2020で共通化されていることが確認できました! やったー! バンザーイ

Windowsの場合

Illustrator 23のキャッシュフォルダは

C:\Users\[username]\AppData\Roaming\Adobe\Typequest\Adobe Illustrator 23\.1542009920376976081

InDesign 14のキャッシュフォルダは

C:\Users\[username]\AppData\Local\Adobe\InDesign\Version 14.0-J\

ja_JP\Caches\TypeQuestCache\.1542009920376976081

だったんですが、Illustrator 24、InDesign 15ともにキャッシュフォルダは

C:\Users\[username]\AppData\Roaming\Adobe\Typequest\common\.1\.1542009920376976081

になりました。

私のマシンでは

Illustrator 23のキャッシュサイズ:945MB

InDesign 14のキャッシュサイズ:914MB

Illustrator 24およびInDesign 15のキャッシュサイズ:985MB

で合計約3GBになってます。

1GB節約しているわけですが、それでも多いよなあ。


そこで考えたんですが、Windowsにはシンボリック・リンクという機能があって(Macにもありますが、全く同じ機能なのかは確認してません、それを使えば共通化できるんでないかい? ということでやってみました。

キャッシュフォルダ(.1542009920376976081)内には次のフォルダがあります。

2019の場合:「.f「.m「.s」

2020の場合:「.f「.m」

つまり2019と2020では構成が違うので、全く共通化できないんですね。そのため、2019の「.f」フォルダを2020と共通化し、2019の「.s」フォルダはIllustrator 23とInDesign 14で共通化するようにしました「.m」フォルダは管理情報が入っているようで、容量も数MBなので共通化の対象から外しました。つまり

Illustrator 23の.f ==> 2020の.fフォルダへのシンボリック・リンクに置き換え

InDesign 14の.f ==> 2020の.fフォルダへのシンボリック・リンクに置き換え

Illustrator 23の.s ==> 変更しない

InDesign 14の.s ==> Illustrator 23の.sフォルダへのシンボリック・リンクに置き換え

ということです。具体的な操作方法についてはIT関係の書籍なりサイトで確認してください。ここでは説明しません。

結果は、

Illustrator 24およびInDesign 15のキャッシュサイズ:985MB

Illustrator 23およびInDesign 14のキャッシュサイズ:490MB

合計約1.5GB

になりました。あー、すっきりした。