Affinity Publisherで日本語処理(5)テキスト関連パネル

ここまで、Affinityソフトウェアで日本語を使うための最低限の設定を行ってきました。次はモノルビの予定でしたが、その前に、テキストのデフォルト設定の話と、テキストスタイルの話をしないといけません。これをほったらかしておくと、後から大変なことになりそうだからです。少し長くなりそうですがお付き合いください。


まず、テキスト関連パネルの比較をします。Affinityソフトウェアは内部で持っているテキスト情報は3本とも同じですが、インターフェイスで使用できるものが異なっています。DesignerとPhotoは同じですが、Publisherでは設定できる項目が増えています(バージョン1.7時点

パネル Publisher Designer/Photo
文字パネル 同じ
グリフブラウザパネル 同じ
段落パネル
テーブルパネル あり なし
ピン留めパネル あり なし
ハイパーリンクパネル あり なし
検索して置換パネル あり なし
テキストスタイルパネル 同じ
テーブルフォーマットパネル あり なし
目次パネル あり なし
インデックスパネル あり なし

このため、Designerで段落スタイルを設定すると、設定できない項目(ハイフネーション、ドロップキャップスなど)が勝手に作成されるということになっています。

ですから現時点では、段落スタイルはPublisherで作成すべきということが言えます。もちろん、作成された段落スタイルはDesigner/Photoで使用できます。

Affinityソフトウェアは、どのソフトも全てのデータファイル形式(.afphoto, .afdesign, .afpub)をそのまま読み込めるという親和性(affinity)を持っているので可能なんです(だから、ノンブルだけPublisherで作成しておいて、あとはDesignerで編集ということも可能

話がそれましたが、パネルの概要だけ説明しておきます。詳しくはインストールしてヘルプを見るなり、ネットで調べるなりしてください(日本語の情報はこれから増えていくはずです

文字パネル

InDesignやIllustratorの文字パネルに加えて、IllustratorのOpenTypeパネルも追加されたようなものです。

グリフブラウザパネル

InDesignやIllustratorの字形パネルに相当しますが、パネルメニューがないと考えてもらったらよろしいかと思います。

段落パネル

InDesignやIllustratorの段落パネルに相当しますが、InDesignでは別ダイアログになっている禁則処理設定や行頭文字(自動番号、ドロップキャップスの設定なんかも1つのパネルの中に入っているので、かなり縦長になります。

テーブルパネル

InDesignの表パネル+表設定ダイアログ+セル設定ダイアログを合わせたような感じです。これもかなり縦長です。

ピン留めパネル

InDesignのアンカー付きオブジェクトの設定ダイアログに相当します。オブジェクトサイズの基準値に「ポイントサイズ」があってねえ、凄いんだなこれが。

ハイパーリンクパネル

InDesignのハイパーリンクパネルに相当します。

検索して置換パネル

InDesignの検索と置換パネルに相当しますが、通常の検索置換と正規表現検索置換のみです。

テキストスタイルパネル

InDesignやIllustratorの段落スタイルパネル+文字スタイルパネルに相当します。一つのパネルの中で段落用と文字用が表示されます。これはWordと同じですね。

テーブルフォーマットパネル

InDesignの表スタイルパネルに相当します。なお、セルスタイルという概念は今のところなさそうなので、遠い将来に期待しましょう(それより先にしなければならないことが山ほど

目次パネル

InDesignの目次ダイアログに相当するかと思いきや、もしかして全く別物かもしれません。そのうち調べます。

インデックスパネル

InDesignの索引パネルに相当するかと思いきや、もしかして全く別物かもしれません。索引パネル+相互参照パネル+ブックマークパネルの可能性もあります。これもそのうち調べます。


いろいろ触っていると面白いものを発見してなかなか進みません。あんまりブログとしてまとまらず、また早く知らせた方がいいなと思うものはTwitterで発信しています。